ワイくんの500円晩酌メニューがこちら


1: 風吹けば名無し 20/04/17(金)18:57:23 ID:iBu
ええやろ?
no title

3: 風吹けば名無し 20/04/17(金)18:58:50 ID:iBu
刺身用の冷凍サーモン200円
ストゼロ150円×2
お値打ちやねん

4: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:00:31 ID:IVW
ええやん



5: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:00:33 ID:7Hu
サーモンいる?塩にしてすとゼロ3本でよくね?

6: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:02:54 ID:iBu
>>5
そこまで廃人じゃない・・・

9: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:05:18 ID:iBu
檸檬堂の影響か9%でも飲みやすいのが出回ってるよね
人工甘味料の気持ち悪い後味も少し解消されてて
本当に9%あんのか?って心配や

10: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:06:14 ID:fmK
ワイ、ストゼロにウォッカ入れて強化

12: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:08:08 ID:iBu
>>10
ワイはストゼロとこれを割って飲むことあるわ
no title

14: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:08:37 ID:fmK
>>12
ええやんなんぼなん

15: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:09:29 ID:iBu
>>14
1000円やけど通販で買えない
業務スーパーで買ってね

16: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:10:09 ID:fmK
>>15
やすいな
ええこと聞いたわ

11: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:06:55 ID:Hdv
氷があればまぁええかって感じ

17: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:10:09 ID:j5b
ワイは大五郎を割らずに飲む

18: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:10:22 ID:o8V
晩酌後はちゃんとメシ食うんか?

19: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:11:13 ID:iBu
>>18
そりゃあ食わんよ
倒れるまで飲んで翌朝頭痛ガンガンコースやで

22: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:12:01 ID:o8V
>>19
まじか
お酒ガチ勢やな

23: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:12:14 ID:Hdv
気持ち高い金出して富美男汁の素買え
40%あるからロックで生富美男汁もええぞ
no title

25: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:12:46 ID:RI3
>>23
あたまおかしい

31: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:14:51 ID:fmK
>>23
ロックは草

34: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:16:42 ID:Hdv
>>31
クソ酸っぱいからネタやけど
40%ならウイスキーと同じやしアル中って言うほどやないわ

32: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:16:08 ID:PLv
ウイスキーストレートで飲んでるワイがバカみたいやん…

33: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:16:12 ID:iBu
ロックならウイスキーにするわ
チューハイの素をロックは味わいも何も無いやん

27: 風吹けば名無し 20/04/17(金)19:14:21 ID:z7W
富美男のことレモンって言うのやめろ




引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1587117443/



 コメント一覧 (4)

    • 1. 彡(名無し)
    • 2020年04月22日 01:21
    • 業務用スーパーのサーモンな
      意外と美味くてコスパ最強!
    • 0
    • 2. 彡(名無し)
    • 2020年04月22日 02:50
    • スト0をライムサワーの素(リキュール)で割るってどういうことや…
    • 0
    • 3. 彡(名無し)
    • 2020年04月22日 10:50
    • そういうことだってばよ
    • 0
    • 4. 彡(名無し)
    • 2020年04月22日 11:06
    • 梅沢富美男「てめぇこの野郎…手だけでもうこんなにも大きくなってるじゃねえか、ええ?」シコシコ……
      俺「ああ…すごく気持ちいいよ、富美男」

      富美男が俺のものを、そのごわごわとした手で優しく包み込む。
      程良い締め付けと心地良い温もりで、思わず口元が緩んでしまう。

      梅沢富美男「バカ野郎が……こういうのはどうだ?チロチロ…」

      俺「うぁ…くっ…!!」

      富美男が悪戯に亀頭の先端をチロチロと弄ぶ。屈強そうな外見には似つかわしくない、丁寧で繊細な舌使い。
      あまりの気持ち良さに、射精感がぐぐぐっと高まるのを感じる。

      梅沢富美男「…可愛い顔しやがるじゃあねえかこの野郎…そろそろ仕上げだ。ジュルジュル…ゴプッ!グポポ…ジュルジュルルル!グッポ!ブブブ…!」

      俺「ひぁああ…!富美男!富美男ぉお!ぐっ…!!」

      富美男が俺の股下で激しく上下する。俺のものはてらてらと光沢を帯び、上下運動を繰り返す度に富美男の唾液と俺の精液が混じり合った、ひどく性的な粘液が滴り落ちる。
      限界までいきり立った俺のものは、欲望の全てを富美男の口内に解き放つ。

      俺「ああはあっ…!!はあっ!はあ…はあっはあ……!富美男…富美男良かったよ…」

      梅沢富美男「…ゴクンッ!……はあっはあっ…てめぇこの野郎!こんなにも一杯出しやがってバカ野郎…腹ん中パンパンじゃねえか…!!…まだ出したりねえよな?」

      俺「…富美男には全てお見通しか。敵わないよ、お前には…」

      梅沢富美男「当然だバカ野郎…ここからが本当の夢芝居だ」

      俺と富美男は、夜が明けるまで、何度もなんどもお互いを求め合った。
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

スポンサードリンク
記事検索
おすすめ記事
カテゴリー
月別アーカイブ
スポンサードリンク
おすすめ記事(外部)